イタリアワイン通信講座の口コミを独自に調査

ワインを勉強したい人が増加中の現在、プロのソムリエにも一目置かれているのがイタリアワイン通信講座です。
今回はイタリアワイン通信講座の口コミや学習内容を調べてみました。
イタリアワイン通信講座は、Vino Hayashiがお届けするワイン講座で、毎月2本のワインと、それに沿ったテキストが届く12ヶ月の通信講座で、
初心者からソムリエ資格を持っているプロまで、幅広い受講生がいます。
☆イタリアワインがとにかく大好き!
☆ワインスクールに行く時間がないけど、ワインを勉強したい。
☆世界的なソムリエが選んだワインで勉強を始めたい。
というような受講生が集まり、その結果、2019年5月に開講して以来の受講生が累計3,000名を突破しました!!

 

ワインブームを超えて、ワインを飲む習慣が定着したと言われる日本。
ワインを勉強したい人たちも右肩上がりに増えています。
[ワインを勉強したい理由]
・ただただワインが好き!ワインが飲みたい、ワインの勉強がしたい!
・マリアージュって言うのかな?料理とワインの組み合わせを勉強したい。
・友人がレストランでさっとワインを注文していて、格好よかった。
・職場の飲み会で、レストランでワインを飲むときに、ワインの話題についていけなさすぎ
て困る。
・ダンディな大人になって女性からモテたい。
・ワイン漫画『神の雫』が好き!
このようなワイン好きが増えている中、イタリアワイン通信講座はこういった人におすすめです。
この後紹介しますが口コミを見ても満足のいく内容となっています。

 

イタリアワイン通信講座に向いている方
・イタリアワインに興味はあるけれど、何から勉強すればわからない方
・ワインスクールに行ってみたいのに、時間や場所の都合が合わず通えない方
・北から南まで個性的で、固有品種の多いイタリアワインを幅広く飲んでみたい方
・ワインの基礎から、イタリアワインの応用編までを学習したい方
・ワインスクールで行うグラスとの相性やテイスティングを学んでみたい方
イタリアワイン通信講座の事が知りたいなら最後までご覧ください。

↓ワインを専門的に安く学べる↓

イタリアワイン通信講座

 


イタリアワイン通信講座の口コミ

さっそく口コミを見ていきましょう。

 

 

どのワインもとても綺麗な味わいで楽しみですし、何よりテイスティングノートがついている点が素晴らしいですね。
イタリアワイン通信講座に申し込んで正解でした。
(40代/女性)


 

 

口コミを見てイタリアワイン通信講座で学ぶ事に決めました。
ワインのクオリティーが高く、『毎回いい意味で期待を裏切られる!』感が楽しかったです。
センスの良いセレクトを堪能いたしました!
(30代/女性)


 

 

イタリアの各地域の地形や風土、歴史が、大変勉強になりました。土地、歴史というものがワインの個性の形成に重要だとわかりました。
ワインの事が深く知れて専門的な知識が身に付きました。
(50代/女性)


 

 

第3回に届けられたリグーリアの「ビオ・ビオ」のワインが大好きなんです。
林基就さんが選んだものはどれもまず美味しい。
共通してエレガンスを感じるような「綺麗な」ワインばかりです。
口コミに偽りなしでした。
(30代/男性)


 

 

ワインの参考書などは多々読んできていますが正直に、そのどれよりもわかりやすいと思いますよ。
各エリアの地図は特に良いですね、これほど見やすく、詳細なものは他には見たことがありません。
(40代/男性)


 

口コミを見てみましたが、皆さんイタリアワイン通信講座で学習した事を満足しているみたいです。
専門的な知識が家にいながら学べるのは良いですね。

イタリアワイン通信講座の監修者が凄い人だった!

イタリアワイン通信講座の監修者はワイン界で有名な方です。
プロフィールを紹介します。

日本人ソムリエ林基就が企画・監修
林基就
愛知県名古屋市出身
2012年ワインのオスカー賞といわれるオスカー・デル・ヴィーノ最優秀ソムリエ賞受賞。日本人として初の受賞となりました。
イタリアワインは難しい。 だからこそ面白い!
イタリアワインをもっと深く理解し、美味しく飲むということを伝えたい。
そのために私の17年に渡るイタリアでのソムリエ経験、テイスティングやアッビナメントの知識も織り込んだ、
実践的かつ分かりやすいワイン学習カリキュラムを企画・開発いたしました。他の国のワインと比べて分かりにくい、
難しいと言われるイタリアワインの真の魅力をお伝えいたします。

 

世界的にも有名な方がイタリアワイン通信講座を監修しているので間違いありませんね。

↓毎月ワイン2本と教材が届く↓

イタリアNo.1を2度受賞しミラノで活躍するソムリエ林基就が企画・監修

イタリアワイン通信講座の学習内容

全12回の学習内容
イタリアワイン通信講座でお届けするワインは全24本。
どのワインもソムリエ林が直接イタリア現地の生産者を訪れ仕入れたこだわりのラインナップ。
中には日本ではなかなか流通しない珍しいワインも。
一緒にお届けするテキストには各ワインのテイスティングシートを模範解答付きで掲載。
初心者でもわかりやすくワインの個性を知ることができます。

 

 

《1回目》
トレンティーノ=アルト・アディッシェ州
<お届けするワイン>
★ソーヴィニヨン
★ソンタレール
<イタリアワインへようこそ>
・イタリアワイン通信講座のカリキュラムと目標、なぜイタリアワインは多様なのか
・イタリアワイン法
・ラベルの読み方
・トレンティーノ=アルト・アディッシェ州について
・最適なグラスの選び方
・ティスティングのヒント<基礎編>

 

《2回目》
ヒエモンテ州
<お届けするワイン>
★“ヴィニャリーナ”スーぺリオーレ
★ランゲ・ネピョーロ
<良いワインは良いブドウしか作れない>
・ブドウの繁殖と栽培に適した気象条件
・ブドウの栽培
・イタリアの主要品種分布(白ワイン)
・イタリアの主要品種分布(赤ワイン)
・ヒエモンテ州について
・ヒエモンテを代表する銘柄
・恥をかかないワインマナー
・ティスティングのヒント<視覚編@>

 

《3回目》
ヴァッレ・ダオスタ州/リーグリア州
<お届けするワイン>
★リヴィエラ・リグーレ・ディボネンテ ピガード “マレネ”
★ヴァッレ・ダオスタ ガメイ
<ブドウに愛される土地の条件>
・テロワール@−ブドウ畑を取り巻く自然環境
・テロワールA−気候
・テロワールB−地形
・テロワールC−土壌
・ヴォッレ・ダオスタ/リグーリア州について
・より美味しく飲むためのワインの温度
・スマートなコルクの開け方
・スマートなコルクの開け方<スプマンテ篇>
・ディスティングのヒント<視覚編A>

 

《4回目》
エミリア=ロマーニャ州
<お届けするワイン>
★ランフルスコ“マルケーゼ マノドリー
★サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ スーペリーオーレ“トレロッゲ”
<ブドウがワインに変わるまで>
・ワインの醸造について
・アルコール発酵について
・熟成について
・エミリア=ロマーミャ州について
・価値を高めるワインの保管
・知っておきたい状態不良のあれこれ
・ティスティングヒント<嗅覚編@>

 

《5回目》
ヴェスト州/フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州
<お届けするワイン>
★ヴェネツィア・ジューリア ピアンゴ“ヤシック”
★ヴァルポリチェッラ クラッシコ
<色から観るワインのバリエーション>
・ワインの色の違い
・赤ワインの造り方
・白ワインの造り方
・ヴェネスト州について
・ヴェネストを代表する銘柄
・フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州について
・高いほど美味しい?古ければ美味しい?
・ワインの値付けについて
・ティスティング<味覚篇>

 

《6回目》
ロンバルディア州
<お届けするワイン>
★CASANOVA PROSECCO 未売品
★ヴィーノ・バッシート “ドゥラッジーボ
<様々なタイプのワイン>
・スプマンテ
・メトト・シャルマの製法
・グラッパ
・ヴィーノ・ドルチェ
・ロンバルディア州について
・ワンランク上の食前酒と心を掴むための食後酒・食前酒
・ティスティングのヒント<スプマンテ編/甘口ワイン編>

 

《7回目》
トスカーナ州
<お届けするワイン>
★ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ“セルビアンカ”
★キャンティ リゼルヴァ“ピエトロ・ベコンチーニ
<イタリア料理とアッビナメント>
・イタリア料理について
・野菜・菌類・果実類・ハーブ類について
・肉類・食品加工品・魚介類・水産加工について
・イタリア郷土料理の地域性
・トスカーナ州について
・トスカーナ州を代表する銘柄
・ソムリエの操縦法
・ワイン持ち込みの心得
・アッビナメントのヒント<基本編>

 

《8回目》
マルケ州/ワンブリア州
<お届けするワイン>
★“カンポフィオリード”
★ブ−カ・デッラ・マルコーナ“
<様々なブドウ品種>
・ブドウ品種について
・国際品種いついて
・白ブドウについて
・長期熟成が可能なブドウ品種について
・イタリアワインのブドウ品種の変遷について
・マルケ州について
・ウンブリア州について
・甘口ワインの秘密
・押さえておくべきイタリア甘口ワイン
・アッビナメントのヒント<応用編>

 

《9回目》
アブルッツオ州/モリーゼ州
<お届けするワイン>
★アブルッツオ ペコリーノ・スーペリーオーレ−
★モンテプルチャーノ・ダブルッツオ420 モンテプルチャーノ
<造り手の哲学とスタイルの違い>
・伝統的なワイン造りについて
・革新的なワイン造りについて
・自然派/ビオワインについて
・アブルッツオ州・モリーゼ州について
・貴族から農夫まで、ワイナリーの実態
・アッビナメントのヒント<アンティパスト>

 

《10回目》
サルデーニャ州/シチリア州
<お届けするワイン>
★テッレ・シチリアーネ “クエ”
★エトナ・ロッソ “チャウリア”
<海のワイン>
・海のワインと山のワイン
・沿岸部のブドウ品種と代表的な銘柄
・サルデーニャ州について
・シチリア州について
・サルデーニャー州を代表する銘柄
・1日で飲みきるなんてもったいない明日のためのワインの栓
・アッビナメントのヒント<プリモ・ビアット>
・サルデーニャ州とシチリア州のお料理

 

《11回目》
ラツィオ州/カンパーニャー州
<お届けするワイン>
★グレコ・ディ・トゥーフォー
★イルピニア アリアニコ クラッシコ
<山のワイン>
・イタリアの山々について
・北部のイタリアの斜面畑
・山岳部のブドウ品種と代表的な銘柄
・ラツィオ州について
・カンパニア州について
・デキャンタージュの魔法
・アッビナメントのヒント<セコンド・ピアット>

 

《12回目》
プーリア州/バジリカーター州/カラブリア州
<お届けするワイン>
★チロ(未発売品)
★ピニャターロ プリミティーボ(未発売品)
<偉大なワイン>
・偉大なワインについて
・偉大なワインの造り方
・バジリカーター州・カラブリア州について
・プーリア州について
・プーリア州を代表する銘柄
・上級者の古酒選びー古酒を買ってみよう!
・上級者の古酒選びー古酒を楽しむ、古酒のリスク
・アッビナメントのヒント<ドルチェ>

 

合計12回シリーズ、まるでイタリアを旅をしている気分になります。
そして、イタリアの歴史・文化・風土・地域性、そして料理、ワインを通してイタリアの全てを知ることができます。


イタリアワイン通信講座で得られるメリット

グラスが違えばこんなに違う

1本のワインを4つのグラスでテイスティング
まず初回にお届けするのが形の違う4種のグラス。
同じワインでもグラスの形によって香りや味わいが変わるのをご存知ですか?
とっておきのイタリアワインをさらに美味しく味わうために最適なグラスをチョイスしましょう。
同じワインでもこんなに違うんだとビックリされるはずです。

 

産地と品種でこんなに違う

テイスティング・ノートでワインの個性をたのしむ
すべてのワインにテイスティング・ノートをお付けしています。
まずは自分の感性でワインを味わい、次にソムリエ林による模範解答を見ながらワインを味わってみてください。
初めに飲んだ時には感じられなかったワインの印象を見つけられるかもしれません。
ワインは丁寧に味わうほど面白い飲み物です。

 

ルールがわかるとより美味しく楽しめる

イタリア料理とのアッビナメント(相性)をたのしむ
地方色豊かで、海や山の幸に富むイタリア料理には、その地方や食材にあったイタリアワインを合わせて楽しみたいもの。
テキストではお料理とワインの合わせ方についての論理を学べます。
食材や調理法ごとに解説するので、様々なお料理に応用ができます。
記入式のアッビナメントシートもご活用ください。

イタリアワイン通信講座の料金は?

気になるのは学習するときの値段ですよね。
実際どれくらいの値段で受講できるのか見ていきましょう。

 

【初回】グラス4種+【毎月】ワイン2本+テキスト
月額 9,800円(税抜) ×12ヵ月継続のコースとなります。
※全12回のお支払い合計117,600円(税抜)
初回お届けするもの
<ワイングラス4種をお届け>【SCHOTT ZWIESEL 社製】
2004/2007年度世界ソムリエコンクール公式グラス。品質に定評があり、数多くのレストランでも使用されています。
全く初心者でもご自宅で本格的なワインテイスティングが学べます。
通常価格 各1,900円
合計 7,600円

 

毎月お届けするもの
ワイン(毎月2本 / 全12回)
ソムリエ林の現地コネクションによって入荷が実現した直輸入ワインをお届け。
プロのソムリエやシェフも納得する品質のワインです。
合計 7,000円〜9,000円相当

 

<自信を持てるワインをご提供>

お届けするワインは、ワインに詳しい会員でも
「こんなに美味しいワインが届くとは想定外だった」
とびっくりされるクオリティ。
イタリアでNo.1ソムリエ賞を受賞したソムリエ林基就がワインのセレクトと輸入を担当しているため、
美味しいのはもちろん、入手しづらい地域のワインも含め、イタリア中の個性豊かなワインを1年かけて幅広く楽しむことができます。
ワイン2本の価格が送料も含めると合計9,000円前後となるため、教材費含めて月額1万円はほとんどワイン代と言ってよく、
大変コストパフォーマンスに優れます。
合計 7,000〜9,000円相当
テキスト(全12冊+別添資料1冊)
8年間のイタリア取材を元に制作したテキストは、イラストと写真が豊富で初心者でもわかりやすい内容となっております。
ソムリエ林によるテイスティングシート付。
イタリアワインは食事と合わせてこそ真価を発揮するため、イタリア料理とワインのアッビナメント(合わせ方)の知識もテキストでしっかり解説します。
イタリア料理が好きな方にも、自信を持ってお勧めできます!

 

1か月9800円で凄い内容ですね。
ワインが2本届くだけでも9000円相当となるので超お得な講座です。


イタリアワイン通信講座の申し込み方法や特典

お支払方法について
支払い方法は、代金引換・クレジットカードからお選びいただけます。
代金引換の場合、手数料はかかりません。
クレジットカード払いの場合、月ごとの決済となり、月々一括9,800円となります。(分割払いは選べません)
銀行振込については、12ヶ月分の代金一括払い(117,600円)のみ承っております。
銀行振込をご希望の場合は、お申し込みの際、まず代金引換を選択してお申し込みいただいた後で、銀行振込をご希望の旨を備考欄にご記入ください。追って、振込先口座などお手続き方法をご案内させていただきます。

 

充実のアフターサービス
・情報ページで学習をサポート。
ご質問にメールでお答えいたします。
・受講生特典としてVino Hayashiストア全商品がVIP優待で常時10%OFFとなります。

最もお得にワインを学ぶなら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

イタリアワイン通信講座の口コミまとめ

テキストの詳細さに驚かされています。
通信講座となると、小難しく考える方が多いと思います。
いざ、始めて見ると、ワインの奥の深さと共に、イタリア人の心を理解し始め、
日本人との共感する点、気付かされる点があって、成長する自分を感じれるはずです。
イタリア全土の平均気温や歴史の記載が細やかなことはもちろん、ワイン用語がイタリア語で書かれていることが評判です。
通信講座で得た知識を、知り合いとの会話の中で思わず披露してみたくなるのもポイントです。
また、林基就さんが選んだワインはどれも美味しい!
共通してエレガンスを感じるような綺麗なワインばかりで、基就さんのセンスを感じられるセレクトです。
さぁ〜!イタリアの旅の始まりです。

↓ワインに詳しくなりたい人は↓

毎月2本のワインとテキストでイタリアワインを学習


更新履歴
トップへ戻る